育児グッズ DIY

IKEAの布とミネラルウォーターの段ボールで ベビーゲートを手作り

2015年3月3日

「IKEAで買って来た布でベビーゲートを手作り」の続きです。

布と一緒に買って来たのが、この薄手の掛け布団。
DSC_4701_2015030215480003a.jpg

店内を回っていると、499円と破格の値段で緩衝材代わりに使えそうだったので買ってきました。

ベビーゲートというと一般的には開閉できる柵ですが、今回はミネラルウォーターのダンボールを使ってみる事にしました。

これなら設置もラクな上に、災害時の備蓄品にもなります。

役目が終わったら、子供の水や、焼酎の割水にも使え無駄になりません。

どどーんと10個、ジョイントマットの端っこに並べました。(段ボール同士をテープなどでくっつけると強度が増します。)

DSC_4712.jpg

↓ 白秋サントリーの工場見学に行ってから、サントリーの天然水を買うようになりました。

まず、おいしい水を掛け布団で包み、紐で固定。

DSC_4713.jpg

あとは買ってきた布をかけて完成!

DSC_5175.jpg

記事にした割には、ただ置いただけで全然DIYでもなくてすみません・・・

尚、布はただ折り畳んであるだけで、端は切りっぱなしです。我が家にはミシンがないのですが、嫁の余力があるときに縫って貰えるかもしれません!?

このベビーゲートを設置したのが生後7ヶ月の終わりなのですが、ちょうど高さが良いのか、これを置いてからすぐにつかまり立ちを始めるようになりました。

普段、我々が手前のテーブルで食事をしたりしているので、こちらの様子が気になるのだと思います。

DSC_5174.jpg

育児書を見ていると、大体、つかまり立ちを始める赤ちゃんが多くなってくるのは9ヶ月とありますが、現在は伝い歩きもするようになりました。

最初はつかまり立ちから降りる時に、頭から転げないか心配しましたが、手と脚力でうまく調整して殆どひっくり返ることはありませんでした。

僅か数カ月前まで寝たきりだったのに、子供の成長は凄いですね。

DSC_5172.jpg

このベビーゲートを設置する前は、料理をするときや食事時などはバウンサーに乗せていましたが、ベビーゲートを設置してからはこの中で遊ばせておくことができるようになりました。

ハイハイやつかまり立ちが出来るようになって、行動範囲が広がったので、トイレなどでちょっと目を離すのも心配な時期ですが、ひとまずこの中は安全なので作って良かったです!

追記)
ジョイントマットは、子供がパーツを外して遊んだり、パーツの間から下に汚れがものすごく溜まるので「大判」がオススメです。

最近は木目調のジョイントマットもよくみかけるようになりました。こちらはつるつるしているのでちょっと滑りそうですが、オシャレですね!

-育児グッズ, DIY

Copyright © Treasure Diary , All Rights Reserved.