登山

4才児、大野山を完全制覇!~ 2019年 大野山山開き

2019年5月25日

少し間が空いてしまいましたが、『4才と大野山登山 山頂できんたろう牛乳を貰う ~ 2019年 大野山山開き』の続きです。

何とかこの日の目標の一つでもある、無料配布の金太郎牛乳をゲットして、あとは無事に下山するだけとなりましたが、山頂では山開きイベントで色々な催しや、美味しそうな屋台もたくさん出ていました。

DSC_9592_20190429_3864.jpg

山頂に着く前から降り出した雨が少し強くなって来たので、雨宿りをしながら少しイベントを楽しむ事にしました。

山開きイベントを満喫!

メインの会場では登山の安全祈願や、コーラスの披露などが行われていました。

DSC_9591_20190429_3863.jpg

でも私たち親子は、やっぱり美味しそうな屋台が気になります。

DSC_9576_20190429_3848.jpg

DSC_9584_20190429_3856.jpg

家からおにぎりも持って来ていたので、ヤマメの塩焼きと猪肉の豚汁を買って一緒に楽しみました。

DSC_9587_20190429_3859.jpg

お魚大好きな4才児、豪快にヤマメを喰らう。

今度キャンプでもお魚釣って食べようね。

この日はあいにくの天気でしたが、大野山の山頂からは天気が良ければ富士山に丹沢湖、それに湘南の海も望むことが出来て、お気に入りの場所の一つです。

DSC_9583_20190429_3855.jpg

DSC_9594_20190429_3866.jpg

DSC_9692_20190503_3963.jpg

(富士山の写真だけは別日に撮ったものです)

ご飯を食べていたら雨も上がったので、急いで山を下る事にしました。

下山する前に、記念撮影。

DSC_9589_20190429_3861.jpg

4歳児のこぷ~すけ、大野山(標高723.1m)制覇です。

山北駅に向けて下山開始

帰りはお隣の山北駅を目指して下って行きます。

山頂から車道を歩いて行くと、少し下った所に駐車場があります。

DSC_9598_20190429_3870.jpg

山開きイベントの当日でも、あいにくの天気の為か、駐車場にはまだ若干空きがありました。

さらに進むと、道案内のクマさんが現れ、ここから車道と歩道(山道)に分かれます。

DSC_9599_20190429_3871.jpg

前回、こぷ~すけをベビーキャリアで背負って登った時は、足元が安定している車道を選びましたが、今回は歩道(山道)を進みます。

DSC_9603_20190429_3875.jpg

山北駅までは2時間ほどの道のりです。

DSC_9601_20190429_3873.jpg

登山道は細い道が続きますが、整備されているのでとても歩きやすかったです。

DSC_9608_20190429_3880.jpg

DSC_9605_20190429_3877.jpg

途中にはチワワを連れて歩いている方もいました。

DSC_9609_20190429_3881.jpg

山道を1時間ほど歩くと、舗装路に出ました。

DSC_9612_20190429_3884.jpg

でも山北駅まではまだまだ距離があるようです。

DSC_9614_20190429_3886.jpg

さらに少し進むと、廃校になった小学校を利用した、おやすみ処がありました。

DSC_9617_20190429_3889.jpg

DSC_9618_20190429_3890.jpg

この辺りは山の上なので住むのは大変そうですが、人生の楽園なんかに出て来そうな良い所です。

DSC_9619_20190429_3891.jpg

舗装路をドンドン下って行くと、眼下に東名高速道路が見えてきました。

DSC_9623_20190429_3895.jpg

国道まではもう少しです。

途中、動物さん達のベンチで一休み。

DSC_9627_20190429_3899.jpg

ゴールまであと少しです。

さらに歩いて行くと、御殿場線の線路が見えてきました。

DSC_9628_20190429_3900.jpg

山頂からは、5km以上も歩いて来たようです。

DSC_9630_20190429_3902.jpg

線路沿いの道にある水路には、キレイな水が流れていました。

DSC_9631_20190429_3903.jpg

やっぱりこの山北町の、自然豊かな環境は大好きです。

そしてついに、ゴールの山北駅に到着!

DSC_9635_20190429_3907.jpg

4才児のこぷ~すけは、弱音も吐かずに10km以上の道のりを自分で歩き切りました!
私が前回登った時には、こぷ~すけをベビーキャリアで背負っていたとは言え、大人でも大変な道のりだっただけに、こぷ~すけが最後まで一人で歩けたのには本当に驚きました。

今まで登った山よりも、距離や標高が比べ物にならないぐらい長かったので、行ける所まで行って、疲れてしまったら途中で引き返すぐらいのつもりで挑みましたが、そんな心配は全く不要でした。

むしろ私の方がしっかりと鍛えておかないと、すぐにこぷ~すけに置いて行かれてしまいそうです。

いつか二人で富士山に登りたい!と言う大きな目標があるのですが、その目標を達成する日もそんなに遠くは無いのかも知れません。

-登山

Copyright © Treasure Diary , All Rights Reserved.