キャンプ ドライブ 宮城県

【宮城キャンプ1日目】伊達政宗&子連れに嬉しい牛タン専門店「虎仙」

2021年7月30日

2021年7月22日~24日

連休を利用して、宮城県に観光&キャンプに行ってきました。

最近、小1の息子が戦国武将に興味を持っているので、今回は「伊達政宗」を巡る旅&宮城のグルメを堪能する旅を企画してみました。

久しぶりの車での長距離ドライブ(片道約420Km)です。

神奈川から宮城へ

連休で渋滞が予想された為、早朝3時過ぎに自宅を出発。

カーナビの目的地は、「青葉城址 (仙台城址)」です!

早く出たおかげで、一度も渋滞に巻き込まれる事なく、8時半頃「青葉城址」に無事到着しました。

 

伊達政宗ゆかりの地を巡る・青葉城

いきなりの伊達政宗公。
(天気は曇りで、政宗公の背景がどんよりしていますが、日差しがないおかげで、難なく観光ができました。連日の30℃越えの天候であったら、ちょっと散策するのも無理だったかもしれません。)

私は10年ほど前に、初めてこの「伊達政宗騎馬像」と対面しましたが、子供の頃買って貰った、伊達政宗の歴史漫画が大好きだったので、とても感動しました。

この青葉城址は高台にあり、仙台の街を一望できます。

当時と街並みは変われど、この場所から伊達政宗も同じ景色を眺めていたと思うと、感慨深いですね。

肝心の息子は、特に思う所はなさそうでしたが、カッコイイ騎馬像の前でポーズ。

一方、5才の妹は、ご機嫌斜めで、写真に写るのを断固拒否。
車中はずっと寝ていましたが、起きたばかりで、まだ本調子ではなかったのかもしれませんね。

愛姫になってようやくにっこり。

こちらは大広間跡。建物はなくても、柱や間取りから、当時の様子が伺えます。

少し歩いて、石垣も観に行ってみました。
一番高い所で、17mにもなる壮大な石垣です。

東日本大震災で、石垣の一部が崩れてしまったようですが、無事復旧されていました。

青葉城址は、駐車料金が最初の1時間500円。以降30分毎に200円追加となります。

伊達政宗ゆかりの地を巡る・瑞鳳殿

青葉城址を散策した後は、伊達政宗の霊廟(=お墓)がある瑞鳳殿にも行ってみました。
こちらは、駐車場が無料ですが、駐車場から瑞鳳殿までは、坂道&階段が続き、先まで行けるタクシーを羨みながら歩きました。

しかし、石階段になると、いきなりダッシュモードになる娘と追い越そうとする息子。

どんどん先へ行ってしまいます。

境内の建物はどれもきらびやかです。

涅槃門を通ると、左右に石灯籠があり、息子が「片倉小十郎だ!」と知っている名前を見つけ、興奮していました。いつか片倉小十郎の居城の白石城にも行ってみようかね。

また、こちらではあちこちで大きな石灯篭が倒れていました。

2021年2月に震度6を記録した地震で、石灯籠や墓石約100基が転倒、破損してしまったとのことで、東日本大震災から10年が経ちますが、今でも震度6クラスの地震が発生することがあるのですね。

瑞鳳殿の脇には資料館もあり、政宗の毛髪や、DNA鑑定結果なども展示されていて興味深かったです。

この人たちは走った記憶しかないかもしれません・・

娘の勝ちかな・・

政宗は、秀吉の命令を受けて、小田原の北条氏攻めにも参戦しています。
今朝5時間あまりかけて来た距離を、政宗も往復したのですね!
北条氏の小田原城と言えば、息子が赤ちゃんの頃から何度も行っていて、つい先日も行ったお城。
そして、小田原城攻めの拠点とした、「一夜城」も実は何度も行っているのだけど、一夜城のことはもう記憶にないようでした(涙)
一夜城も近々また行こうかね、こうやって歴史が繋がっていくのは面白いですね。

長男が事前に読んでいた本。

 

仙台といえば「牛タン!」

見学を終えると、そろそろお腹が空いて来ました。

仙台で食べたいものといえば、やっぱり「牛タン」です。

特にお店を決めていなかったので、ひとまず飲食店が多数ありそうな「国分町」のコインパーキングを目指して、そこから歩いてみることにしました。

時刻は11時を過ぎで、まだ準備中のお店も多く、途中公園を見つけると遊具めがけて走っていってしまった子供達と嫁を置いて、一人周辺を探索することにしました。

さながら孤高のグルメな気分です。

そして偶然、大通りから一本入った細い道で、牛タン専門店の看板を発見!

仙台市青葉区にある牛たん専門店「虎仙」さんです。

まだ新しそうで綺麗な店内。

それに何となくこだわりが感じられる店構えに、私のグルメセンサーが大きく反応しました。

事前の下調べなどはしていませんが、思い切って入ってみる事にしました。

牛たん 虎仙

公園で遊んでいた家族とともに、一番乗りでお店に入店。

メニューを見ると、嬉しいことにお子様メニューが用意されていました。しかも安い!!

牛タン専門店は牛タンのみ提供しているお店も多い中、子供連れにはありがたいです。

この時点で子連れファミリーの我が家的には大成功です。

子供達には「キッズつくねランチ」と「キッズそぼろランチ」をそれぞれ注文しました。

炭火で焼かれたつくね、美味しそう~

そしてもちろん大人は仙台名物の牛タンをいただきます。

牛タン焼き定食(塩、味噌味のハーフセット)

ネギ塩牛タン定食

おまけに定食を頼むと半額サービスとなる、「茹でタン」なる一品も頼んでみました。(↑ 画像左下の、デカイ塊のやつです)

炭火でじっくり焼かれた牛タン!前回仙台に来た時も別のお店で食べましたが、このお店の牛タンは肉厚で食べ応えがあり、別格の美味しさでした。

これを食べてしまうと、普段焼き肉屋などで食べている、薄っぺらい牛タンはなんなのだろう?と思ってしまいますね。

とても美味しい上に、お店の人も感じが良く、これは旅の初日から良いお店に出会えました!!(今回の私の度の一番の思い出は、この牛タンといっても過言でありません、必ず再訪したいと誓いました)

お腹がいっぱいになったところで、本日のキャンプ地、国営キャンプ場の「エコキャンプみちのく」へと向かいます。

【宮城】我が家のNo1キャンプ場、国営キャンプ場「エコキャンプみちのく」にチェックイン

-キャンプ, ドライブ, 宮城県

Copyright © Treasure Diary , All Rights Reserved.