男の料理

【築地】 魚の捌き方(さばきかた)教室でアジの三枚おろしと豪華な海鮮丼!築地お魚くらぶ

2012年4月9日

2012年4月8日

この日はある料理教室に参加するため、朝から築地へ向かいました。

その料理教室というのはコチラ↓

「築地仲卸シマヅ」さんが主催している、「築地お魚くらぶ」

魚屋さんを営んでいる魚のプロが魚の扱いを教えてくれて、実際に料理して食べるという体験型の料理教室です。

DSC_0388_246.jpg

魚食普及を目的として始められたそうですが、素晴らしい取り組みですね!

会費はたったの3,000円なのですが、使う食材はこんなに豪華です。

DSC_0368_226.jpg

・ アジ
・ 真鯛
・ アオリイカ
・ トリ貝
・ アオヤギ貝

これでほぼ一人分です。

もちろん食べきれない分は、お持ち帰り可能です。(お土産の方が多いぐらいでした)

調理器具も全て貸してもらえます。
DSC_0363_221.jpg

出刃包丁の重さが、本気っぽい感じでした。

まずはデモンストレーションで、魚の捌き方を見せてもらいます。

DSC_0372_230.jpg

今回の課題はアジ二匹と真鯛一匹を捌く事と、トリ貝とアオヤギ貝の処理をする事。

見ていると意外と簡単に出来そう?と思っていたのですが、これが大間違い。

実際に自分でやる時には、全く思うようにいきませんでした。

それでもアドバイスを頂きながら、何とか捌く事が出来ました。

アジはあらかじめ、頭と内臓を処理された物も選べました。

DSC_0366_224.jpg

でもせっかくなので、1匹は頭付きでやってみました。

悪戦苦闘しながらも、コツさえ掴めば、力を入れなきくても、スイスイ包丁が入っていく事を学びました。

でも帰ってからも、練習が必要です。

最初に写っていたイカは、難しいのか時間が無いのか、先生達がやってくれました。

そして完成間近で、サプライズが・・・

テレビでしか見たことの無いような、マグロの塊が登場!!

DSC_0376_234.jpg

こちらもプロにお任せして、最後の仕上げに入ります。

途中の工程は必死だったのと、手がカメラを触れる状態ではなかったので、画像はありませんが完成品はこちら

DSC_0388_246.jpg

豪華な海鮮丼が出来上がりました!

おまけでイクラもトッピング。

写真でもわかる通り、講師の方が数日前に手の指を骨折されたそうなのですが痛みを堪えながら、とても親切に教えて頂きました。

その思いを無駄にしないよう、これからは魚をたくさん買って、さばいて食べてみようと思います。

ありがとうございました!

お土産も大量に戴いたので、晩御飯も魚尽くしとなり、大満足の一日となりました。

こらからは漁港に行くときは、発泡スチロール必携です!

追記)あれから早9年!久しぶりにお魚くらぶさんのサイトを覗いてみると、お値段は倍ぐらいになっていましたが、現在も定期的に魚のさばき方教室を開催されていて内容もパワーアップしているように感じました。いつか子供と参加できたらいいな。

-男の料理

Copyright © Treasure Diary , All Rights Reserved.