ダンボール燻製

簡単!自作ダンボール燻製器の作り方

2014年12月21日

先日、会社の人達と行ったバーベキューで、先輩が自作の段ボール燻製器を使って燻製を作ってくれました。

自作段ボール燻製器

ホームセンターなどに行くと、千円ぐらいで燻製器セットが売られていますが、家にある段ボールでも気軽に作れることが分かり、早速真似して作ってみることにしました!

段ボール燻製器を作るための材料

用意するものは、たったこれだけ。

● ダンボール
● バーベキューなどでお肉を焼く串
● 焼き網 (100均のものでOK!)

段ボール燻製器

尚、ダンボールは、子供のオムツの箱が丁度良い大きさだったので、それを活用しました。

バーベキュー用串は、こちらを購入。

沢山入っているので、余った串はBBQでも使えます。

段ボール燻製器の作り方

まずはダンボールの側面に、等間隔に穴を開け、そこに串を刺して行きます。

段ボール燻製器

上から見るとこんな感じ。

DSC_3880.jpg

ここにフックを付ければ、食材を吊り下げたりもできます。
※ 先輩は、クリップを折り曲げて笹かまを引っかけて吊るしていました。 笹かまも美味しかったですよ!

さらに上に網を乗せれば、網の上に食材が乗せられます。

段ボール燻製器

次に側面の下部に、燃料の取り出し口の扉を作ります。

段ボール燻製器

たったこれだけの作業で、自作のダンボール燻製器が完成!

自作段ボール燻製器

 

段ボール燻製器の燻煙材

ちなみに燻煙材にはこちらのスモークウッドを使います。

DSC_3886.jpg

燻製と言えば、スモークチップを使うのが一般的だと思いますが、チップの場合火種が必要なのに対し、このスモークウッドは、一度火を付けると、お線香のようにずっと煙を出し続けてくれる為、最初に火を付ければ後は放っておいても大丈夫です。

この手軽さを知ったおかげで、自分で燻製を作ってみる気になりました。

ダンボール燻製器の方は、まだ改良の余地はありそうですが、この一号機を使って、今度さっそく燻製を作ってみたいと思います!
チーズの燻製とタマゴの燻製(燻タマ)を作ってみました!

 

-ダンボール燻製

Copyright © Treasure Diary , All Rights Reserved.